金融

大規模金融緩和を継続 日銀の桜井審議委員

 日銀の桜井真審議委員は21日、福井県の企業経営者らとオンライン形式で懇談した。桜井氏は現在の大規模な金融緩和を続け、金融市場の安定化を図っていくと強調。新型コロナウイルスの感染抑止と経済回復の両立を模索する中で「企業倒産や失業を抑えることが優先課題だ」と指摘した。

 桜井氏は新型コロナの流行によって経済の回復に想定以上の時間がかかった場合、企業の倒産が増えて金融機関の経営体力が落ちていくことを警戒。金融機関が構造変化に対応し、本来の機能を発揮するために「日銀として必要な対応を行っていく」とした。

 物価については「物価上昇率がプラスに戻ったとしても当面は上昇が一段と加速することは難しいかもしれない」と指摘。予想物価上昇率をある程度のプラスに維持しておくことが民間の前向きな支出行動を確保する観点で重要だとした。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus