テクノロジー

米版はやぶさ小惑星着陸 岩石60グラム、採取目指す

 米航空宇宙局(NASA)は20日、岩石採取を行う探査機オシリス・レックスを、地球や火星の軌道の近くを回る小惑星ベンヌに着陸させることに成功した。初めて小惑星の岩石を地球に持ち帰った日本の探査機にちなんで“米国版はやぶさ”とも呼ばれる。60グラム以上の入手が目標だが、岩石を採取できたかどうかの確認には10日ほどかかる。成功すれば2023年9月に帰還する。

 小惑星の試料採取は米国では初の試み。小惑星には太陽系の成り立ちや生命の起源を探る手掛かりがあるとされ、岩石の分析で謎の解明を目指す。日本のはやぶさ2は今年12月、一足先に小惑星りゅうぐうの岩石を地球に持ち帰る。日米で交換し、互いに調べる予定。

 オシリス・レックスは20日、ベンヌの北半球にあるナイチンゲールと名付けたクレーターへと降下。長さ3メートル余りのアーム状の装置を伸ばして接地させ、先端から窒素ガスを約5秒間噴射し、舞い上がる粒子を収集する仕組み。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus