IT

iPhone12販売、コロナ禍で静かなスタート 5Gに期待の声

 米アップルの人気スマートフォン「アイフォーン(iPhone)」の最新機種が発売された23日、東京都渋谷区の「アップル表参道」には新製品を手に入れようと多くの愛好家が集まった。ただ、オンラインでの完全予約制だったこともあり、例年の大行列はなく、コロナ禍で従業員とハイタッチする恒例の風景も見られない静かなスタートとなった。

 発売開始となる午前8時前、店舗前には予約をした十数人が並んだ。発売開始に合わせ、従業員がカウントダウンし、拍手で客を迎え入れた。先頭の都内の40代の男性は「ちょっとさみしいですね」と話したが、最新機種を手に取り、満足そうな表情を浮かべた。

 今回の新機種は第5世代(5G)移動通信システムに対応しているとあって、都内の20代の男性は「待ちに待った5G。動画やゲームを楽しみたい」と話した。

 アップル日本法人や携帯電話大手はオンラインショップでの購入や予約を求めている。案内係の従業員は「例年になくスムーズに誘導できた。大きな混乱もなくてよかった」と安堵(あんど)していた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus