クラウドWatch

マスク装着でも性別・年齢を推定 パナソニック、来客分析に新機能

 パナソニックは、IoT(モノのインターネット)ソリューション「Vieureka(ビューレカ)」プラットフォームの中で提供している「Vieureka来客分析サービス」で、マスクを装着したままでも来店客の性別・年齢を推定できる機能を開発した。グランフロント大阪・南館内にあるショールーム「パナソニックセンター大阪」でテスト運用を行い、12月から新機能として提供する予定。

 Vieureka来客分析サービスは、Vieurekaカメラ内の画像解析アプリにより、来店客の人数や、性別・年齢・滞留時間といった属性情報をデータ化するとともに、商品棚の陳列状況の変化をグラフィカルに確認できる。しかし、コロナ禍以降、大多数の来店客がマスクを装着する状況となったため、人数や属性情報の取得については、性別と年齢の属性を推定できないという課題が発生していた。

 今回、PUXが開発した、ディープラーニング(深層学習)の手法を活用した顔検出エンジンをVieurekaカメラ「VRK-C301」に搭載することで、マスク装着時でも性別と年齢の推定を可能にした。来店客の属性のデータ化が再び可能になり、引き続き属性情報を店舗のマーケティングデータとして活用できるようになったとしている。(インプレスウオッチ)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus