クラウドWatch

従業員の健康データを一元管理 NEC系、組織単位の分析支援

 NECソリューションイノベータは、企業で働く従業員の健康管理を支援する「NEC 健康管理支援サービス」を11月1日に提供開始すると発表した。従業員の定期健康診断結果など健康管理に関するデータを一元管理し、組織単位で健康データを分析することで、従業員の健康づくりや健康管理スタッフによる健康管理・保健指導、組織の健康課題への取り組みをサポートする。

 従業員向けには、定期健康診断の結果や、健康管理スタッフからの保健指導や産業医の意見などを確認できる機能を提供。定期健康診断に関する情報を電子データとして管理することで、従業員が必要な時にいつでもデータを確認でき、従業員自らが健康管理に取り組むことを促す。

 一方、健康管理スタッフ向けには、定期健康診断結果の判定支援や従業員への結果通知機能、保健指導面談のスケジュールや面談結果の管理機能を提供する。健康管理スタッフの業務効率化やデータ分析を基に、より効果的な保健指導の実現を支援する。

 収集したデータは組織単位で分析できる。組織の健康課題を可視化することで、例えば交代制の業務において身体面への負担を解消するために交代サイクルを変更するなど、健康課題の解決と生産性向上への取り組みに役立てられる。

 NECソリューションイノベータが提供する「メンタルヘルスケアサービス」「NEC 健診結果予測シミュレーション」との連携にもオプションで対応。身体と心の両面から、従業員の健康管理をサポートする。同シミュレーションとの連携は来年4月以降に対応の予定。

 サービス価格(税別)は、1000IDの場合で、NEC 健康管理支援サービスが年額400万円、メンタルヘルスケアサービスが同47万円、NEC 健診結果予測シミュレーションが同170万円。NECソリューションイノベータでは、今後3年間で8万ID獲得を目指す。(インプレスウオッチ)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus