PC Watch

裸眼で高精細3D映像を認識 ソニー、空間再現ディスプレー投入

 ソニーは、高精細の3次元コンピューターグラフィックス(3DCG)映像を裸眼で立体視できる空間再現ディスプレー「ELF-SR1」を31日に発売する。価格はオープンプライスで、税別店頭予想価格は50万円前後の見込み。

 特別な眼鏡やヘッドセットを使わずに裸眼で立体視できる15.6型の4K(3840×2160ドット)ディスプレー。奥行き感、質感、たたずまいなどをリアルに確認できるため、プロダクトデザインの共有やショールームでの展示に適している。見る角度にかかわらず、視点の変化に合わせた映像を確認でき、被写体が動いても映像に遅延やズレがほとんどないという。

 高速ビジョンセンサーと視線認識技術により、見る人の目の位置を常に正しく検出。水平や垂直方向に加え、奥行きに関しても左右それぞれの目の位置をリアルタイムに把握。その位置情報を基に、ディスプレーパネルから出す光源映像をリアルタイムに生成し、常に両目に対して正しい視点画像を表示する。

 独自のマイクロオプティカルレンズをパネル全面に超高精度に貼り付け、自然な立体裸眼視を実現。片方の目の映像がもう一方の目の映像に混ざるクロストークを大幅に低減したという。本体サイズは幅383×奥行き231×高さ232ミリ。重量は4.6キロ。

 本機に対応したコンテンツの制作には専用のSDK(ソフトウエア開発キット)を用いる必要があるが、ソニーは開発者向けサイトで無償提供するとしている。(インプレスウオッチ)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus