メーカー

IHIなど4社が福島廃炉協業へ

 IHIや日本ガイシなど4社は26日、東京電力福島第1原発と同第2原発の廃炉事業について、放射性廃棄物の処理などを東電から受注するため協業し、共同提案に向けた協議を始めたと発表した。相互の知見や技術を持ち寄り、コスト削減やサービスの品質向上を目指す。他の2社は、廃棄物処理設備の建設を手掛けるJFEエンジニアリングと、地元で廃炉に関わるエイブル(福島県大熊町)。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus