IT

KDDI、格安「UQ」で20ギガ4000円以下 新価格帯で選択肢

 KDDI(au)が、自社で運営する格安携帯ブランドの「UQモバイル」で20ギガバイトで月額4千円以下の料金プランを導入する方針を固めたことが27日、分かった。これまでにない価格帯のプランを設けることで、政府の値下げ要請に対応する。通話のオプションなどを加えて、5千円を下回る水準に抑えるとみられる。近く発表する。

 KDDIは今月から、UQモバイルを子会社から事業移管。UQでは、3ギガと10ギガの小中容量のプランを展開しており、格安ブランドで新たな価格帯を設けることで、選択肢を増やし消費者が割安感を感じられやすくする狙いがある。

 一方、主力ブランドのauで展開する、月額7650円のデータ無制限の大容量プランの料金は維持する見通し。

 政府は20ギガ以上の料金プランが世界と比較して割高になっているとし、携帯大手に値下げを迫っている。ソフトバンクも20ギガ程度で月額5000円を下回る新たなプランの導入を検討している。ただ、両者の新しいプランは自社グループからの顧客流出を防ぐ意味が強く、実質的な料金値下げにつながるかどうかは未知数だ。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus