サービス

ニトリ、島忠にTOB DCMに対抗、1株5500円

 家具・日用品大手のニトリホールディングスは29日、ホームセンターの島忠に対し株式公開買い付け(TOB)を実施すると発表した。島忠の完全子会社化を目指す。買収金額は約2142億円の見込み。ホームセンターのDCMホールディングスが島忠の完全子会社化に向けて友好的なTOBを実施している中で対抗する異例の展開となった。ニトリの買い付け価格は1株5500円で、DCMを1300円上回る。

 島忠はDCMのTOBに賛同する意向を既に表明しているが、どちらの買収提案が企業価値の向上にふさわしいか、改めて判断するかどうかも注目される。

 DCMによるTOB期間は11月16日まで。29日の東京株式市場で島忠株の終値は5060円と、DCMの買い付け価格の4200円を上回っている。ニトリのTOB表明もあり、株主から応募を得るには買い付け価格の引き上げが欠かせず、対応が焦点となる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus