IT

ファーウェイ排除巡り罰金 英、安全性確保へ新法案

 英政府は25日までに、第5世代(5G)移動通信システムから中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)製品を排除しなかった国内の通信事業者に対し、多額の罰金を科せるようにする法律を議会に提出した。通信網の安全性を確保する狙い。

 法案はファーウェイなど「高リスク業者」の機器を用いないよう求める内容。違反した場合は最大で売上高の10%か、1日10万ポンド(約1400万円)の罰金を科す。

 英政府は7月、ファーウェイ製品を2027年までに5G通信網から完全排除する方針を公表した。与党保守党の中で、香港情勢などを巡って中国への反発が強まっていることが背景にある。

 中国外務省の趙立堅副報道局長は25日の記者会見で、今回の英政府の発表を「確かな証拠もないのに、米国と歩調を合わせて中国企業に圧力をかけている」と批判した。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus