サービス

燃料電池バスを西武が運行 埼玉、12月1日から2路線

 西武バス(埼玉県所沢市)は12月1日、トヨタ自動車製の燃料電池バス「SORA」の運行を所沢市などの2路線で開始する。二酸化炭素(CO2)を排出しないため環境に優しく、震動も少ないといい、導入の効果や乗客の反応を検証した上で他の路線での運行についても検討する。

 運行が始まるのは、西武鉄道所沢駅(所沢市)とJR東所沢駅(同)、東武鉄道志木駅(埼玉県新座市)をそれぞれ結ぶ路線。燃料電池バスの路線バスへの導入は埼玉県内では初めてという。

 SORAは、東京、愛知、福島、神奈川の1都3県で路線バスとして運行されている。東武バスウエスト(さいたま市北区)も12月3日、埼玉県富士見市内の1路線でSORAの運行を始める。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus