メーカー

20.6億円調達し新素材用途開発 TBM

 素材開発ベンチャーのTBM(東京都中央区)は、育毛・毛髪大手のアデランス、編み機開発製造の島精機製作所などを引受先とする第三者割当増資により、総額20億6000万円を調達した。調達資金を元に、石灰石由来や再生材料を活用した環境配慮型素材の用途開発などに充てる。

 日本テレビ放送網などによるベンチャーファンド、摂津倉庫(大阪府大東市)、DCMホールディングス、電通グループなども出資した。このうちアデランスはTBMと環境配慮型の新製品の開発に取り組む。

 TBMは2011年に設立。独自に開発した石灰石由来の「LIMEX(ライメックス)」は紙の代替素材として幅広く活用されている。7月には、重量ベースで50%以上の再生材料を使った新素材「サーキュレックス」も開発した。

 起業支援を手掛けるフォースタートアップスによると、TBMの11月2日時点での時価総額は1234億円と推定されている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus