メーカー

コロナ対策で飛沫防止テント型カバー 患者の圧迫感や消毒の手間を軽減

 プラスチック成型のフルヤモールド(秋田県大仙市)は1日、新型コロナウイルス感染者などの飛沫(ひまつ)拡散を防ぐ可変式テント型カバー「Protect+A(プロテクトエー)」を開発・発売したと発表した。

 秋田県が主導して異業種同士で医療支援物資を開発する「ものづくり チームあきた」に参加し、県臨床工学技師会の意見を聞きながら開発したという。

 折りたたみアルミフレームを開いて、6個のフックが付いた使い捨てのテント型ビニールカバーを吊り下げ、患者の上半身にかぶせる。組み立てると幅、高さ、長さとも約45センチ。折りたたむと高さ8センチの箱に収納でき、かさばらずに保管できる。

 さらに「総重量530グラムと軽いので、病院の集中治療室だけでなく開業医や老人施設、避難所、搬送用ストレッチャーでも使える」と同社の古谷美幸常務。「使い捨てのビニールカバーで患者をおおい、フレームはカバーの外側になるので消毒の手間も軽減できる」という。

 販売を担当する医薬品販売のサノ(秋田市)は「アクリルボードや段ボールなどの固定型に比べかぶせられる患者の圧迫感が軽減でき、処置の際に手を入れる切り込みを自由に入れられる」と説明する。

 カバー5枚付きで3万2500円(税別)。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus