サービス

風力発電、保守にドローン 関電やJパワーが省力化実験

 風力発電の点検をドローンで省力化しようと、関西電力や電源開発(Jパワー)が実証実験を進めている。ドローンを飛ばして高所にある羽根を撮影。画像を解析して点検することで、作業時間の短縮と費用の削減につなげる。風力発電は今後も増加が見込まれ、将来の人手不足にも備える。

 風力発電は飛来物によって、羽根などが損傷していないかどうかを定期的に調べる必要があり、高度な技能を持つ作業員が風車に上って点検している。JパワーはKDDI(au)と今年9月、陸上の風力発電、苫前ウィンビラ発電所(北海道)や、せたな大里ウインドファーム(同)などでドローンを使った点検の実証実験をした。

 ドローンには羽根に沿って飛行し、自動撮影するソフトウエアを搭載した。撮影にかかった時間は1基当たり20分となり、作業員が風車に上って撮影するのに比べて10分の1に短縮できた。

 今後は人工知能(AI)により、撮影した画像から羽根の損傷を素早く見つけるシステムを開発する。作業員が現地に出向かずに離れた拠点から遠隔操縦する技術も実証し、2021年度以降の実用化を目指す。

 関西電力は洋上の風力発電で、ドローンによる点検の研究を始めた。洋上は陸上よりも風が安定して吹くとされ、政府は発電所の建設を後押ししている。関電は陸上からドローンを飛ばし、撮影した羽根の画像をリアルタイムで確認できるようにする。

 落雷などによる緊急停止を想定し、天候が悪くても損傷の箇所や大きさをすぐに把握し、復旧までの時間短縮を実現する。研究は新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)から助成を受け、20~22年度に実施する。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus