メーカー

日本車の米販売10%減 11月、営業日3日少なく

 日本の自動車メーカー4社が1日発表した11月の米新車販売台数は計38万544台と、前年同月と比べ10・1%減った。新型コロナウイルスの感染拡大で急減した需要は回復基調にあるものの、営業日が前年より3日少なかったことが響き、4社ともマイナスだった。

 米国では感染者が急増し、経済活動を再び制限する動きが広がってきている。今後の新車販売への影響が懸念される。

 ホンダは落ち込みが目立ち、23・4%減の10万2614台となった。SUBARU(スバル)とマツダもともに2桁の減少で、それぞれ11・4%減の5万413台、10・8%減の2万1752台。トヨタ自動車は1・0%減の20万5765台だった。

 日本の自動車大手のうち、日産自動車と三菱自動車は月次のデータを開示していない。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus