金融

FB主導のデジタル通貨「リブラ」が「ディエム」に改名

 米交流サイト大手フェイスブック(FB)が主導するデジタル通貨「リブラ」を巡り、運営団体のリブラ協会は1日、名称を「ディエム」に変えたと発表した。団体名も「ディエム協会」に変更した。規制当局から発行を懸念された印象を刷新したい考えだ。

 リブラは昨年6月の構想発表後、各国の規制当局や中央銀行から金融システムへの悪影響を懸念する声が相次いだ。協会首脳はロイター通信の取材に「当初の名称は、規制当局の厳しい評価を受けたプロジェクトの初期段階に関連したものだ」と述べた。

 ディエムはラテン語で「1日」の意味。「プロジェクトの新しい日を表す」(協会)という。

 協会は当初、複数通貨を合成したデジタル通貨の発行を目指したが、単一通貨を裏付け資産とするデジタル通貨の発行を優先する方針に変更。スイス金融当局が計画を審査している。

 英紙フィナンシャル・タイムズは11月下旬、来年1月にも「米ドル版リブラ」が発行される可能性があると報じた。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus