IT

携帯電話料金プラン 官房長官、競争促進に意気込み 

 加藤勝信官房長官は1日の記者会見で、日本の携帯電話料金が国際的に見ても高水準だとした上で「事業者間の乗り換えの円滑化など、競争促進のための具体的な取り組みを採用することが政府の果たすべき役割だ」と述べ、各社の料金競争を促す意気込みを強調した。

 NTTドコモが携帯料金の値下げを検討していることについては「引き続き各事業者が料金の低廉化を実現するような形で検討が進むことを期待している」と述べた。

 武田良太総務相は1日の閣議後記者会見で、携帯電話料金について「政治や行政の力で上げ下げするのは適切でない」と指摘。強制的に下げさせているのではなく、各社の競争を通じた値下げに向け環境を整えているとの立場を強調した。NTTドコモの値下げは「それぞれの経営戦略に基づいた判断なのでコメントは差し控える」とした。

 武田氏は同時に、携帯大手の傘下格安ブランドへの移行手数料に関連し「昨年の電気通信事業法改正前の契約分は軽減されていない。本当の実態を隠して、表のきれい事ばかりで国民を欺いている」と不満をあらわにした。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus