IT

首相、ドコモの料金値下げを歓迎「他の2社も一歩踏み出して」 

 菅義偉首相は2日夜、都内で自民党議員と懇談し、NTTドコモが主力ブランドで携帯電話料金の値下げをする方針を固めたことについて「大きな第一歩を踏み出してくれたことは非常にありがたい。(大手3社のうち)他の2社も同じように国民向けに第一歩を踏み出していただければ」と語った。同党の牧原秀樹衆院議員らが記者団に明かした。

 首相はまた、自身が秋田県出身であることに触れ「地方出身の政権トップは最近いるようでいなかった。地方を大事にし、一人ひとりの生活コストに目配りをした庶民の政治をやっていきたい」と強調。ドコモの値下げに関しても「国民生活のコストに目配りする感覚を持っているからこそできるんじゃないか」と語ったという。

 懇談に出席したのは無派閥議員で、9月の党総裁選では首相を支援していた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus