自動車

ホンダ、早期退職を優遇 来年4月に導入

 ホンダは2日、早期退職者を優遇する制度を来年4月から導入すると明らかにした。55歳以上の正社員が対象で、募集人数の目標は設けない。退職金を割り増しで支払うほか、再就職や起業を支援する。電動化などの次世代技術の開発を加速するため、組織の若返りに加え、人件費の抑制につなげる狙いもありそうだ。

 制度の名称は「ライフシフト・プログラム」。2021年度のみ55歳以上64歳未満の社員が対象となる。22年度以降は55歳以上59歳未満を対象とし、人員構成の適正化を図る。ホンダは30年までに世界販売台数の3分の2を電気自動車やハイブリッド車などの電動車にする方針。開発投資の費用がかさむ見込みで、新制度によって「円滑な世代交代と組織の活性化を進める」(広報)としている。ホンダは新型コロナウイルス流行で新車販売が落ち込み、21年3月期の連結最終利益が前期比14.4%減の3900億円となる見通し。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus