話題・その他

加藤官房長官、韓国のTPP参加検討「歓迎」も見極め必要

 加藤勝信官房長官は8日の記者会見で、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への参加を検討する意向を表明したことについて「さまざまなエコノミー(国・地域)による関心表明は歓迎したい」と述べた。

 一方で、加藤氏は日本など11カ国で構成する現在のTPPに関し、「市場アクセスの面でもルールの面でも高いレベルの内容になっている」と指摘。韓国の参加の可否は「こうした高いレベルを満たす用意ができているか、しっかり見極める必要がある」とも述べた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus