メーカー

ファミマ社長に細見氏 伊藤忠出身、一体経営強化

 ファミリーマートは13日、親会社の伊藤忠商事の細見研介執行役員(58)が社長に就任する人事を発表した。澤田貴司社長(63)は代表権のある副会長に就く。3月1日付。伊藤忠などはファミマの全株式を取得しており一体経営を強化する。高柳浩二会長(69)は会長職のまま代表権は外れる。

 細見氏は伊藤忠で小売りなど生活消費分野を担う「第8カンパニー」のトップを務めている。ファミマ顧客の購買データを活用した新サービスの展開などを進める。

                  ◇

【プロフィル】細見研介氏

 ほそみ・けんすけ 神戸大卒。1986年伊藤忠商事。ブランドマーケティング第二部門長などを経て、2017年4月から執行役員。大阪府出身。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus