話題・その他

注文殺到の紙おしぼり、生産能力を2倍に FSX

 おしぼりレンタルのFSX(東京都国立市)は、使い捨ての紙おしぼりの生産能力をこれまでの2倍となる月産260万枚に引き上げた。新型コロナウイルス感染拡大が続く中、医療機関などからの注文が殺到。昨年11月以降は商品によっては欠品の状態に陥っていたが、増産で解消される見通し。

 FSXの使い捨て紙おしぼり「ポケットおしぼり」は、金属酸化物クラスター構造を持つ物質「ポリオキソメタレート」の働きにより、おしぼり上のウイルスや菌を99・99%以上抑制する。

 新型コロナウイルスの感染者が増えだした昨年2月以降、飲食店に加えて医療機関や宿泊施設、さらには個人からの注文が殺到。1日平均の注文数は令和元年の水準の5倍に達している。そこで紙おしぼりを生産する装置を昨年末に導入した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus