メーカー

全本田労連、ベア額掲げず 令和3年春闘要求

 ホンダグループの労働組合で構成する全国本田労働組合連合会は19日、オンラインで中央委員会を開き、令和3年春闘でベースアップ(ベア)の要求額を掲げない方針を決めた。次世代技術への対応といった自動車産業の競争が激化していることなどを踏まえ、各労組に交渉を委ねる。

 新型コロナウイルスの感染拡大でグループ企業の業績にはばらつきも生じている。要求額を提示しないのは昨年に続き2年連続となる。年間一時金(ボーナス)は5カ月以上とする前年要求を維持した。

 トヨタ自動車グループの労働組合でつくる全トヨタ労働組合連合会も、3年春闘で具体的金額を掲げずにベアを要求する方針を決定している。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus