サービス

首都圏、あすから終電繰り上げ JRと私鉄が注意呼び掛け

 「20日から終電が早まります」。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、東京都など1都3県の知事や国土交通省の要請を受けて首都圏で実施する終電時刻の繰り上げを周知しようと、JR東日本の社員らが19日、新宿駅の改札口で利用者らに注意を呼び掛けた。

 終電繰り上げは、深夜の線路保守作業などの時間拡大を主な目的として、鉄道各社が春のダイヤ改正時に予定していた。感染拡大に伴う前倒し要請を受け、JR東のほか、首都圏の大手私鉄など24事業者が20日から当面の間、実施することを決定した。20日深夜から21日未明にかけての一部列車から繰り上げを開始し、緊急事態宣言期間の2月7日まで続ける見通し。宣言の解除や延長に応じて終了時期を判断する。

 JR東は山手線や中央線快速、京浜東北・根岸線、京葉線など首都圏の11路線で終電を繰り上げる。大手私鉄なども足並みをそろえ、各社最大10~30分程度早まる。山手線では内回りで28分程度、外回りで19分程度繰り上がることになる。代行輸送はしない。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus