メーカー

「寝落ち」枕で巣ごもり満喫 クロスプラス、あらゆる体勢フィット

 アパレルメーカーのクロスプラス(名古屋市)が発売した枕「NeOchi PillOw(ねおちピロー)」が話題を呼んでいる。長時間のゲームやスマートフォン使用でも首や肩が疲れにくく、新型コロナウイルス禍の外出自粛や巣ごもり需要を追い風に、クラウドファンディングでは目標の約14倍の金額を集め、全国発売が始まった。

 デザイナーの相田夏実さん(28)が、任天堂の人気ゲーム「あつまれ どうぶつの森」を1日13時間プレーする中で、さまざまな体勢を支える枕を考案。約4カ月かけて商品化した。

 あおむけやうつぶせ、横向きなど姿勢を変えても体にフィットするのが特徴。枕の中心部の穴に顔をうずめて「寝落ち」もできる。縦46センチ、横60センチ、高さ23センチ。5色展開で価格は1万780円。

 昨年8月中旬、クラウドファンディング「Makuake」のサイトで販売を開始したところ、約1カ月かけて売る予定だった340個が7時間で完売。9月中旬には当初目標としていた200万円を大幅に超える約2800万円の売り上げを記録した。

 相田さんは「なかなか外に出られない今、おうち時間のストレス軽減に役立ててほしい」と話す。問い合わせは通話無料のお客様相談室、電話(0120)308194。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus