メーカー

ワークマンが「東京ガールズコレクション」への参加を発表 若年層への訴求狙う

 ワークマンは1月26日、「東京ガールズコレクション2021 SPRING/SUMMER」(TGC)にパートナーとして初参加すると発表した。YouTuberやブロガーなどの「アンバサダー」と共同開発した商品を展開している同社。若い女性から支持を得ているTGCに参加し、トレンドに敏感な若年層への訴求を図る。

 東京ガールズコレクションは、2005年から年2回開催されているファッションイベント。約100人のモデルが出演し、ファッションショーや音楽ライブなどが行われるが、今回は2月28日にオンラインで開催することが決定している。

 ワークマンは18年9月に「WORKMAN Plus(ワークマンプラス)」を出店。製品の機能性や価格などがSNSなどで紹介され、ワークマンプラスの来店客は5割以上を女性客が占めているという。また、20年10月には商業施設「コレットマーレ」(横浜市)に「#ワークマン女子」を出店。「インスタ映え」する店舗づくりを進め、開店初日には3時間待ちの行列ができるほど話題を集めた。

 しかしワークマンの広報担当者は「若年層への訴求には課題があった」と話す。ワークマンの製品を使用する女性は40、50代が中心で、20代女性は全体の1割以下だという。そこで、インスタ世代の女性やトレンドに敏感な若年層への訴求を目指し、TGCへの参加を決めた。

 TGC参加に向け、#ワークマン女子の売り場演出に携わった女性社員を中心に準備を進めているという。TGCでは女性向けのアウトドア系製品だけではなく、女性も着用できる「ワークウェア」を扱っている点や、製品の着こなし方をアピールする。また、ワークマンの製品だと気付かれた時の「少し恥ずかしい」という気持ちを払拭したいとしている。

 3月には、東京スカイツリーに直結する商業施設「東京ソラマチ」(東京都墨田区)に2店舗目となる#ワークマン女子の出店を予定してる同社。メインターゲットである職人向けの商品を中心に扱う「ワークマン」の混雑解消や、若年層への訴求に向け、都心駅の近くや路面店を中心に#ワークマン女子の出店を進め、2040年をめどに全国900店舗へ拡大する方針だ。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus