IT

米巨大IT5社の最高益は合計8兆円超 デジタル化加速

 米巨大IT5社の2020年10~12月期決算が2日出そろい、グーグルの持ち株会社アルファベット、アップル、フェイスブック、アマゾン・コム、マイクロソフトの全社が四半期として過去最高益を更新した。

 最終利益の合計は前年同期と比べ41%増の778億8600万ドル(約8兆2千億円)。

 この日発表したアマゾンの最終利益は2・2倍となる72億2200万ドル。売上高は44%増の1255億5500万ドルと過去最高を更新。

 アルファベットも売上高が23%増の568億9800万ドルと過去最高を更新。最終利益は43%増の152億2700万ドル。

 アップルの最終利益は29%増の287億5500万ドル。主力製品のスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の新機種「12」シリーズが買い替えを促進した。

 フェイスブックの利益は53%増の112億1900万ドル。マイクロソフトは33%増の154億6300万ドル。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus