メーカー

希望退職に609人応募 青山商事、募集の1・5倍

 紳士服チェーン「洋服の青山」などを展開する青山商事は22日、新型コロナウイルス感染拡大による業績悪化で400人程度を募集していた希望退職に、約1・5倍の609人が応募したと発表した。退職日は5月31日。割り増しした退職金を支給するほか、再就職の支援も行う。

 令和3年3月末時点で40歳以上63歳未満であり勤続5年以上の正社員と無期契約社員、約1500人を対象に募集していた。

 青山商事は、夏に軽装で働く「クールビズ」の浸透でスーツ離れが進んでいたところに、新型コロナによる企業の在宅勤務の拡大が加わり、業績が悪化している。希望退職の募集だけでなく、店舗の売り場を縮小して空きスペースを他業種に貸し出すなど、抜本的なリストラを検討している。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus