金融

ビットコイン、株・金を尻目に圧倒リターン 時価総額1兆ドル到達

 仮想通貨ビットコインの時価総額が初めて1兆ドル(約105兆円)に達した。暗号資産の投資リターンが株式や金などの伝統的資産を大きく上回る原動力になっている。

 ブルームバーグがまとめたデータによると、ビットコインの時価総額は2021年に入り4500億ドル余り膨らみ1兆ドル超に達した。ビットコインを含む5つの仮想通貨で構成するブルームバーグ・ギャラクシー・クリプト指数は2倍以上になっている。

 投機家と企業の財務担当者、機関投資家が、ビットコインの不安定な上昇を後押ししたと考えられる。インフレなどのリスクへのヘッジとして受け入れられつつあるとの主張の一方で、緩和的、拡張的な金融・財政政策の波に乗った不安定な熱狂にすぎないという声もある。

 AMPキャピタル・インベスターズの投資戦略責任者、シェーン・オリバー氏は「FOMO(乗り遅れることへの恐怖)」が恐らく働いているとして、「資金コストが低い時代にはこれが増幅される」と指摘した。

 クリプト指数の年初来パフォーマンスは株式と金、商品、債券を圧倒している。(ブルームバーグ Eric Lam)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus