サービス

ホンダ機チャーター開始 国内初の一般客向け

 丸紅は24日、ホンダの小型ビジネスジェット機「ホンダジェットエリート」について、国内で初めて一般客向けのチャーター機の運航が始まると発表した。新型コロナウイルスの流行で移動の制約がある中、人との接触を抑えられるビジネスジェットへの注目が高まっているという。

 日本航空と丸紅が出資するJALビジネスアビエーション(東京)が販売窓口となり、今月から受け付けを開始した。費用は天候などの条件で変わるが、1時間当たり50万~60万円程度が目安。乗客は5人までで、企業の経営者だけでなく、社員の出張に使われることも想定する。

 ホンダジェットは広い室内や燃費の良さが特長だ。国内では丸紅の子会社、丸紅エアロスペース(東京)が機体の販売や保守を手掛けている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus