サービス

全日空、機内誌全てデジタル化 

 全日本空輸は25日、機内誌や雑誌を紙の冊子として配布するのを4月1日から原則として取りやめ、全日空のアプリを通じた提供に変更すると発表した。デジタル化により紙の使用量は年間約1540トン抑制でき、環境負荷の低減につながる。コスト削減効果は総額で、年間約5億3000万円に上るとしている。

 機内誌は4月号からアプリでいつでもどこからでも読めるようになる。冊子を積まないため機体が軽くなり、燃料も節減できる。これらによる二酸化炭素(CO2)排出量の削減効果は年間1万690トンを見込む。紙の機内誌を希望する搭乗者には従来よりもコンパクトなA5サイズで提供する。

 機内で読める一般の雑誌や新聞は、搭乗便の出発予定時刻の24時間前から到着予定時刻の24時間後まで閲覧できる。雑誌は全ての座席クラスで読めるが、新聞はエコノミークラスでは対象外となる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus