テクノロジー

スーパーコンピューター富岳が本格稼働 理研が式典開催

 理化学研究所は9日、新たなスーパーコンピューター「富岳」を本格稼働させ、設置した計算科学研究センター(神戸市)で記念式典を開催した。来年度の予定だったが、新型コロナウイルス関連の研究に活用するため前倒しした。

 理研は新型コロナの感染拡大を受け、昨年4月から一部の機能を使って富岳を稼働。飛沫(ひまつ)の広がり方の可視化や治療薬探しなどに使ってきた。今後は保守点検以外は連続稼働できるようになり、毎秒44京2010兆回の計算能力を気象や人工知能などの分野でも利用する。

 富岳は昨年6月には計算速度ランキング「TOP500」など4部門で世界一となり、11月には2期連続で首位になった。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus