メーカー

エア・ウォーターと中国電 福島県いわき市でバイオマス発電の運転開始

 産業ガス大手のエア・ウォーターは、福島県いわき市で木質バイオマス発電所の営業運転を開始した。中国電力と共同出資の子会社が運営する。出力は約7万5000キロワットで、木材のみを燃料とする発電施設としては国内最大級という。電気は東北電力ネットワークへ供給する。

 中国電との共同運営は、山口県防府市の木質バイオマスと石炭を燃料とする発電所に続き2基目となる。

 エア・ウォーターは各地で木質バイオマスを利用する発電所の設置を進めている。兵庫県赤穂市で子会社の日本海水(東京)が発電所を2基運転しているほか、2023年をめどに福岡県苅田町でも稼働を予定している。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus