メーカー

リディアワークスが液晶フィルム 光触媒技術でウイルス除菌

 機能性フィルム製造のリディアワークス(東京都墨田区)は、光触媒技術で季節性のウイルス細菌を強力に除菌する液晶用保護フィルム「キルウイルスTP」を開発、米アップルのスマホ「iPhone(アイフォーン)」、タブレット端末「iPad(アイパッド)」向けとフリーカットの計8種類を4月中旬に発売する。

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)のプロジェクトで東大などが開発した酸化銅、二酸化チタンによる可視光応答型光触媒材料を用い、1時間に99%以上を除菌できる。東工大、神奈川県立産技総研と奈良県立医大は2020年9月、同材料による新型コロナウイルス不活化を世界で初めて確認している。

 価格はアイフォーン向けが1枚1600円、アイパッド向けが同3600円。リディアワークスの子会社であるウイルスケアの通販サイトや代理店を通じて販売し、初年度5000万円、3年後に2億円の売り上げを見込む。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus