メーカー

東芝、経営陣が対立 綱川氏が復帰 CVC提案「私物化」と判断

 東芝は14日開いた臨時取締役会で、車谷暢昭社長兼最高経営責任者(CEO)が辞任した。後任には前社長の綱川智会長が社長とCEOを兼務し復帰した。英投資ファンドのCVCキャピタル・パートナーズによる東芝買収提案をめぐる経営陣の対立が背景にある。車谷氏は2017年から18年までCVC日本法人会長を務め、他の取締役らは提案を「私物化」と判断したもようだ。

 東芝の永山治取締役会議長はオンラインの記者会見で、CVCによる買収提案について「内容が乏しく、大変唐突だ」と慎重に検討する姿勢を示した。綱川氏は会見で「物言う株主」との信頼構築に努めると訴えた。「株主が企業統治や法令順守の面で(改善するよう)強調しており、反省するところもある」と述べ、見直しを進める意向を示した。

 CVCは6日付で東芝買収の初期提案を送付。東芝株を1株5000円、総額2兆3000億円規模で買い取り、6~7月にTOB(株式公開買い付け)を目指すとした。

                  ◇

【プロフィル】綱川智氏

 つなかわ・さとし 東大卒。1979年東芝。東芝メディカルシステムズ(現キヤノンメディカルシステムズ)社長などを経て2016年6月東芝社長。20年4月から会長。65歳。東京都出身。前社長の車谷暢昭氏は退任。14日付。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus