メーカー

白物家電の国内出荷、24年ぶり高水準 令和2年度、巣ごもりで

 日本電機工業会が20日発表した令和2年度のルームエアコンや洗濯機など白物家電の国内出荷額は、前年度比6・5%増の2兆6140億円となり、2年ぶりに前年度を上回った。平成8年度以来24年ぶりの高水準。新型コロナウイルス流行を受けて在宅時間が増えたことによる「巣ごもり需要」を反映した。政府が経済対策で1人10万円の特別定額給付金を配ったことも、白物家電の買い替えが進む要因になった。

 品目別では、空気清浄機が約2倍の1094億円と大幅に伸びた。新型コロナ感染拡大による健康意識の高まりを背景に、昭和61年度の統計開始以来、初めて1000億円を超えた。出荷数量も過去最高の358万台となった。

 家庭で調理する機会が多くなり、ホットプレートは出荷額が56・8%増の116億円を記録。冷蔵庫も3・1%増の4525億円となった。

 ルームエアコンはテレワークで在宅時間が長くなったことを受け、3・5%増の8182億円。出荷数量は統計を取り始めた昭和47年度以降で初めて1000万台を超え、1009万台まで増えた。

 一方、電気シェーバーは外出自粛でひげをそる機会が減り、出荷額が13・1%減の434億円と落ち込んだ。新型コロナによる入国制限で外国人観光客向けの需要が激減したことが影響した可能性もあるという。また、アイロンが10・6%減の47億円、ヘアドライヤーが6・7%減の338億円となり、外出の減少が影響しているとみられる。

 同工業会は令和3年度の出荷額については2兆4800億円弱と2年度を下回ると見込む。2年度に高水準だった反動を予想する。

 同時に発表した今年3月の国内出荷額は前年同月比8・9%増の2389億円だった。6カ月連続で前年同月を上回った。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus