自動車

トヨタが脱炭素に向け水素エンジン開発へ 量産化へまずレースでデータ収集から

 トヨタ自動車は22日、脱炭素に向けた取り組みとして、水素を燃やして走るエンジン車を開発し、量産を目指す方針を明らかにした。二酸化炭素(CO2)を出さず、現行のガソリン車の部品を活用できるのが特徴。電気自動車(EV)や水素で発電する燃料電池車(FCV)に続く、新たな環境車として期待が掛かる。まずは自動車レースに導入し、データを収集する。

 水素エンジンの仕組みは基本的にはガソリンエンジンと同じで、ガソリンの代わりに水素を使う。開発の一環として、トヨタの「カローラスポーツ」=写真=をベースに水素エンジンを積んだ車両で、5月に富士スピードウェイ(静岡県小山町)で開かれる24時間耐久レースに参戦する。レースで課題の洗い出しを進める。

 トヨタによると、水素のみを燃やして走るエンジン車でのレース参戦は世界初という。

【用語解説】水素エンジン車 ガソリンの代わりに水素を燃料とするエンジンで走る車。燃料電池車(FCV)は化学反応で水素から電気を取り出し、モーターを回転させるのに対し、エンジン内部に水素を吹き付けて燃やし、ピストンなどを駆動させて物理的に動力を得る。ドイツのBMWが2007年に搭載車を発表。マツダは独自技術のロータリーエンジンをベースにした水素エンジン車を09年にリース販売した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus