サービス

バイオ燃料で運航、貨物船で豊田通商が半年実験

 豊田通商は22日、植物油からつくる代替燃料バイオディーゼル燃料を使って貨物船を運航する実証実験をシンガポールで開始したと発表した。

 実験期間は9月までの半年。二酸化炭素(CO2)排出量の削減につながるバイオ燃料で船舶を長期間運航させる取り組みは世界的にも珍しいという。

 バイオ燃料は原料となる植物が育つ過程でCO2を吸収するため脱炭素化につながるとされる。シンガポール港内を航行し安全性やCO2削減効果を検証する。

 船舶の燃料としては現在重油や軽油などの化石燃料が一般的に使われている。実験では当初、バイオ燃料と軽油を3対7の割合で混ぜて使用し、最終的に5対5にする。

 同社などによると、海運業界は世界の温室効果ガス排出の約2%を占める。

 海運の拡大が予想されており業界全体で脱炭素化が課題となっている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus