サービス

五つ星ホテルがコロナ後へ照準 外資出店攻勢、みえる「持たない経営」の強み

 新型コロナウイルス禍で経営環境が悪化しているホテル業界で、関西を中心に外資勢が出店攻勢をかけている。業界では倒産の急増、施設の閉鎖や売却が相次ぐなか一見、奇妙な現象だ。進出ホテルの大半は五つ星に格付けされる最高級宿。強気の背景は何か、探ってみると逆風下でも強みを発揮する外資高級ホテルの特性がみえてくる。

 「パンデミック(世界的大流行)は過去に何度も起きたが、全て一時的なものだ。外国企業は新型コロナウイルスのことなんて気にしちゃいない」

 東京建物の野村均社長は「コロナ下になぜホテル」との問いに笑ってこう答えた。4月、同社は大阪・堂島にカナダの高級ホテル「フォーシーズンズホテル」の誘致を発表。大阪へは初進出だ。開業は大阪・関西万博の前年となる2024年だが「万博だけを目指すわけではない」と感染収束後を見据える。

 関西では3月、米マリオット・インターナショナルの「W Osaka(ダブリューオオサカ)」(大阪市)、高級食品ブランドを販売する仏フォションの「フォションホテル京都」(京都市)がともに日本へ初進出した。

 フォションホテルを誘致した不動産投資のウェルス・マネジメント(東京都)はさらに、英インターコンチネンタル・ホテルズ・グループの「シックスセンシズ」、タイの「バンヤンツリー」と高級リゾートホテルを京都で開発する。京都ではアジア初進出となる米ヒルトンの「ROKU KYOTO,LXR(エルエックスアール)ホテルズ&リゾーツ」も今年9月の開業を控えている。これら全ては五つ星ホテルだ。

 高級だからこそ商機

 「国内では高級ホテルは圧倒的に少ない。少々増えても供給過多にならない」。業界関係者は高級ホテルだからこそ商機があると口をそろえる。

 米旅行サイト「ファイブスターアライアンス」を基にした観光庁の資料によると、昨年6月時点で国内の五つ星ホテルは外資も含めて34軒。世界首位は米国の801軒だが、タイ(112軒)、インド(85軒)、インドネシア(58軒)など日本より経済規模の小さいアジア諸国と比べても少ない。インバウンド(訪日外国人客)で欧米の富裕層が少ないといわれてきた一因ともされる。

 東京建物の野村氏は「ホテルブランドにこだわりはなく、最高級ホテルのパートナーを探していた」と高級ホテルに絞って誘致したと明かす。外資勢が狙うのは「コロナ後」の超富裕層向け市場だ。

 だが、国内のホテルを取り巻く経営環境は極めて厳しい。近鉄グループホールディングス(HD)は3月、京都市や三重県志摩市などの8ホテルの売却を発表。阪急阪神HDも6ホテルの営業を25年度末ごろまでに終了すると発表した。

 東京商工リサーチによると、20年度の宿泊業の倒産は前年度比71.6%増の127件と急増。このうちコロナ関連の倒産が過半数を占めた。担当者は「インバウンドの回復も見込めず、資金繰りで息切れするホテルが多い。コロナ破綻はまだ増える」とみる。ただ、経営破綻した宿泊業者の多くは、客室料金の安い簡易宿所や宿泊特化型ホテル、設備投資や人件費のコスト負担が重い旅館だ。

 インバウンドの消滅に加え、政府の観光需要喚起策「Go To トラベル」の恩恵が高級宿に偏ったこともあるが「Go Toがなくても、海外旅行に行けないなら国内でぜいたくしようという客は多い。高級客室は比較的稼働がいい」(京都市の鉄道系ホテル)との声も強い。「W Osaka」では1泊100万円を超す客室に開業初日から予約が入った。「標準タイプより1泊10万円ほどのジュニアスイートが人気。プライベート空間を保ちやすい高級ホテルはコロナ対策も取りやすい」(担当者)という。

 投資リスクを抑制

 高級感、ブランド力の他に外資勢の特徴は「持たない経営」だ。ホテル物件を所有せず運営だけを受託したり、ライセンス契約を結んだりする事業形態だ。所有しない分、投資リターンは少ないが出店に伴う投資リスクを低く抑えることが可能。また、ホテルに欠かせない定期的な改装も基本的には建物オーナーが費用負担するため、事業運営が身軽になる。

 「W Osaka」は積水ハウスが建物を所有し、米マリオット側が運営。「フォションホテル京都」はウェルス・マネジメント子会社のホテルWマネジメントがフランチャイズ方式で運営し、ライセンス料をフォション側に支払う形だ。

 コロナ後をにらみ虎視眈々(たんたん)の外資勢。ホテルジャーナリストの井村日登美(ひとみ)氏は「関西は魅力的なエリアだが、ビリオネアと呼ばれる超富裕層を満足させるホテルは少ない。また、外資勢は国内客も掘り起こせるとみている」と指摘。「外資勢は観光需要のある一等地を狙っているが、いい立地は限られている。観光需要が戻ってからでは遅く、今がチャンスとみている」と分析する。(田村慶子)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus