メーカー

中外、4候補の研究開発加速 コロナ薬の年内申請目指す

 中外製薬が4つの新型コロナウイルス治療薬候補の研究開発を加速しており、うち2つは2021年中の承認申請を目指している。27日までに共同通信のインタビューに応じた奥田修社長は「日本は諸外国と比べるとワクチン接種が遅れている。治療の選択肢を提供したい」と語り、早期の実用化へ意気込みを示した。

 国内で承認されているコロナ治療薬は米製薬会社の「レムデシビル」など3製品にとどまっている。

 中外が年内の承認申請を目指すコロナ治療薬の一つは関節リウマチ薬「アクテムラ」の転用だ。炎症を起こす仕組みを抑える働きがあり、コロナが引き起こす肺炎への効果が期待されている。

 コロナに照準を定めた新薬では、親会社のスイス製薬大手ロシュから取得した抗体カクテル療法の承認申請に向けて準備を進めている。米国では食品医薬品局(FDA)の緊急使用許可を得ており、トランプ前大統領に投与したことで知られる。

 同じくロシュから取得した経口薬「AT-527」についても国内での臨床試験(治験)を検討しているほか、シンガポールの政府機関とは抗体医薬品を共同研究している。

 奥田氏は、研究開発中の治療薬について「抗体カクテル療法はロシュの治験で良い結果が出ており、できるだけ早く日本国内にも届けたい」と強調。「アクテムラ」についても、これまでの複数回の治験結果を詳しく分析した上で総合的に判断し、申請する考えを示した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus