クラウドWatch

車両・歩行者の移動経路をAI分析 NEC系が提供、渋滞解消に活用

 NECソリューションイノベータは、車両や歩行者の移動経路、停止時間などの分析ができる映像解析エンジン「FieldAnalyst for Vehicles」の提供を開始した。

 物体識別および移動体分析の人工知能(AI)技術により、カメラで撮影した映像から移動中の車両や人物を自動かつリアルタイムに認識し、行動検知を行えるソフトウエア。道路などに設置したカメラから車両を検出して、普通車、バス、トラック、バイクなどの種別ごとに、通過する車両台数をカウントしたり、走行・停止を判別したり、車両の移動経路を分析したりすることができる。横断歩道を渡る歩行者などの人数もカウントすることが可能だ。

 得られた情報は、渋滞解消に向けた取り組みに利用でき、例えば自治体では渋滞原因の分析や、渋滞解消に向けた施策の検討に活用可能。工事を請け負う建設業者では、工事の際の迂回(うかい)路の設定・誘導をはじめ、効率的な工事計画の立案につなげられる。

 ナンバープレートを認識するAI機能も備えており、商業施設やイベント会場などの駐車場に設置したカメラ映像から、入退場する車両のナンバープレート情報を検出して入場車両を正確に把握できる。これにより、施設や会場における混雑緩和につなげるとともに、レンタカーや県外車両などを識別することで、来場者の属性に合わせたイベントの立案に役立てられる。

 このほか、滞在時間の把握により、長期間停車している違法駐車などの車両を認識することも可能。企業や公共施設などに入退場する車両のナンバープレート情報から、事前登録車両のスムーズな入場、未登録車両の進入防止などでも活用できるとしている。

 データ処理を軽量化する映像解析エンジンのため、設備としてはビデオカメラ1台、パソコン1台からの運用に対応しており、大がかりな機材を必要としない。価格は80万円(税別)で、導入費用が別途かかる。(インプレスウオッチ)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus