サービス

日航、赤字2866億円 通期で再上場後初

 日本航空が7日発表した令和3年3月期連結決算は、最終損益が2866億円の赤字(前期は480億円の黒字)だった。新型コロナウイルス感染拡大の長期化による旅客需要の減少が響き、コスト削減にも限界があった。通期赤字は平成24年の再上場後初めて。

 日航の売上高は前期比65・3%減の4812億円だった。旅客収入は大規模な減便が続き、国内線が67・2%減、国際線が94・3%減だった。

 令和4年3月期の連結業績予想は「収入見通しを合理的に見積もることは困難」だとして、公表を見送った。業績予想の非開示は2年連続。

 8年3月期まで5年間の中期経営計画を発表し、6年3月期までに税金や利払いを除いた利益で新型コロナ感染症流行前の水準となる1700億円に戻す目標を盛り込んだ。8年3月期に1850億円を目指す。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus