金融

インドのコロナ禍がウォール街に直撃 バックオフィス不全、在宅勤務困難

 インド南部ベンガルールのアウターリングロード周辺はかつて世界的な金融機関のバックオフィス(事務管理部門)の中心だった。

 新型コロナウイルスの感染が急拡大する前は、米ゴールドマン・サックスやスイスのUBSなど、付近のオフィスビルに入居している企業の従業員数千人がリスク管理から顧客サービス、コンプライアンス(法令順守)に至るあらゆる業務で重要な役割を果たしていた。

 想定外のもろさ露呈

 これらのビルは現在、空っぽの状態だ。ベンガルールをはじめインドの大半の地域で感染者が急増しており、数カ月にわたり実施してきた在宅勤務の運用も難しくなりつつある。体調を崩したり、親族や友人のために酸素などの重要な医療用品を探すのが急務となった従業員が増えているためだ。

 英金融大手スタンダードチャータードは5月の第1週、インドのスタッフ約2万人のうち約800人が感染したと発表。UBSの一部チームでは従業員の25%が欠勤していると、同社幹部1人が失職の恐れがあるとして匿名で語った。米ウェルズ・ファーゴの幹部1人によれば、共同ブランドのクレジットカードや送金、リワード・プログラムなどの業務に支障が出ているという。

 金融機関はこれまでのところ他のオフショアセンターへの業務移管による大きな混乱を避けてきたが、インドのコロナ危機で、数十年かけてバックオフィス機能を同国にアウトソーシング(外部委託)してきた各行にとってほとんど想定外のもろさが露呈した。世界の他の地域ではワクチン接種が景気回復の追い風になっているが、インドのコロナ禍は深刻化しつつあり、ウォール街の金融機関のバックオフィス機能にボトルネックが生じるリスクが高まっている。 調査会社ガートナーはリポートで「これはインドだけのローカルな問題ではなく、世界的な危機だ」と指摘。現在の波は大きく広がる見通しで、同国在勤のスタッフを擁する組織は「必要に応じて計画を練り、対策を取る必要がある」との見方を示した。

 インドの新型コロナウイルス感染者数は9日時点で2200万人を超えた。ベンガルールを州都とするカルナタカ州では1日当たりの新規感染者数が5万人を突破し、そのうちの約半分がベンガルール市内だった。

 3大拠点で警戒水準

 金融大手の3大主要拠点であるベンガルール、デリー、ムンバイでは、感染率が警戒水準に達しており、地元当局は厳格な移動制限を発令している。

 米金融大手ウェルズ・ファーゴの従業員1人によれば、一部の業務はフィリピンに移され、後れを取り戻すため深夜シフトの作業も行っているという。同社のインド従業員は約3万5000人で、自動車、住宅、個人ローンの処理や集金のほか、口座の開設・閉鎖などで顧客サポートを担当している。

 UBSはポーランドなどの拠点に業務を移していると従業員1人が明らかにした。ムンバイとプネ、ハイデラバードの従業員計8000人の多くが欠勤しているためだ。

 スタンダードチャータードは一部の業務をクアラルンプールや天津、ワルシャワに移し、バークレイズもインドから英国に一部機能をシフトしている。

 インド政府が昨年、全土でロックダウン(都市封鎖)を開始した際、欧州銀行監督機構(EBA)はリポートで、コールセンターなどのサポート機能をアウトソースする動きは「金融機関をオペレーションリスクにさらした」と指摘していた。(ブルームバーグ Saritha Rai)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus