スポーツbiz

コロナ禍でボートレースが好況の理由は 尚美学園大学教授・佐野慎輔 (1/2ページ)

 西日本が例年より早く梅雨入り、今週中には関東も続くという。新型コロナウイルス感染による緊急事態宣言下、より閉塞(へいそく)感が募る。長雨で複合災害が起きれば、もはや「東京2020大会開催」どころではない。

 モヤモヤをスポーツで吹き飛ばしたい。しかし行動が制限され、プロ野球やJリーグなども入場者数に制限がかかる。そんななか、公営ギャンブルの業績伸長が目を引いた。

 ◆売り上げ2兆円台に

 日本中央競馬会(JRA)の2020年決算では、勝馬投票券収入と事業収入を合わせた事業収益は前年より884億円伸ばして3兆207億円。17年ぶりの3兆円台を回復した。昨年は約7カ月半にわたる無観客開催で、入場者数が前年比84.1%減の99万人と落ち込んだ。ところが電話・インターネット投票会員が大幅に増えて売り上げ増に貢献、コロナ禍の影響を払拭したという。さらに海外競馬の勝馬投票券発売も3兆円回復の要因となった。

 今年は1月こそもたついたが2月以降は上昇基調。GIレースでは大阪杯の前年比35.5%増の162億7858万円をはじめ、皐月賞が24.7%増の191億7266万円、天皇賞12.0%増の188億9902万円と好調を維持する。

 “好況”は中央競馬だけにとどまらない。地方競馬の20年度の売り上げは前年比30%増の9122億円で、1991年度以来29年ぶりに9000億円台を回復した。競輪は同じく13.6%増の7499億円、オートレースも28.1%増の946億円。コロナ禍による巣ごもり需要も手伝い売り上げを伸ばした。

 中でも著しい売り上げ増を記録したのが、ボートレースである。前年比35.7%増の2兆951億円は92年度以来28年ぶりの2兆円台回復となった。

 今季も好調を維持、というよりも、さらに上昇気流に乗っている。SGのボートレースクラシックは前年比91.8%増の131億2750万円を売り上げ、プレミアムGIのマスターズも91.0%増の103億977万円である。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus