Sponsored

地域の価値を発信する「価値体験型ホテル」 「ホテルインターゲート大阪 梅田」がオープン

 サンケイビルが、グループ会社のグランビスタ ホテル&リゾートと共同開発した「INTERGATE HOTELS」の第5号ホテル、「ホテルインターゲート大阪 梅田」が4月1日にオープンした。部屋の快適性や寝具などにこだわり快眠を提供する客室、めざめの力を与える「ごちそう野菜の朝ごはん」といった、宿泊客に「最高の朝」を提供するためのおもてなしに注力。大阪の伝統文化に触れられるイベントや内装・デザインを通じて、地域の価値を発信する「価値体験型ホテル」として人気を高めている。

 オフィスビルや大型商業施設が立ち並ぶ大阪の中心地・西梅田地区にオープンした「ホテルインターゲート大阪 梅田」。JR大阪駅や地下鉄西梅田駅に徒歩数分でアクセス可能で、ビジネス街にも観光スポットにも移動が便利な好立地が特徴だ。

 同ホテルは、サンケイビルと共同所有者の不二鉱材による新サンケイビル建替プロジェクトの一環として開発された。

 「大阪・西梅田というブランド力のある場所に、価値あるホテルを造ろうと考え開発に着手しました」とサンケイビル資産開発一部の宮嶋舞佳氏は語る。

 客室数は「INTERGATE HOTELS」最多の386室で、和風の小上がりを設けた「ジャパニーズジュニアスイート」やシックな雰囲気が特徴の「スタイリッシュジュニアスイート」のほか、同ブランド初のスイートルーム「インターゲートスイート」も設置した。

 地域と旅行者がつながる空間作りも特筆される。「大阪WIT(知的な遊び心)」をコンセプトに、大阪の街並みや水都をイメージさせる風景に加え、地図・歴史・文化をモチーフにした壁画やデザインクロスを客室内に設置し、アートで大阪を表現した。

 設備面でも随所にこだわりが光る。緑を多く取り入れた空間作りのほか、建物の構造部材から検討を行い、梁(はり)や柱、壁に視界が妨げられない開放感のある大きな窓を、客室や施設内の各所に設けた。いわば宿泊客と大阪の街をつなぐ窓である。宿泊客に「最高の朝」を提供するため「生体リズムを整えて睡眠の質を高められるように、就寝時に空調温度を徐々に下げる『おやすみスイッチ』も客室に設置しました」と、ホテル工事・設備面を担当したサンケイビル関西技術部課長の垣井生也氏。

 「今はコロナ禍の影響で、旅行がしづらい状況ですが、あえてこの時期に開業し、東京オリンピックや大阪・関西万博に向けた準備をすることで、当ホテルがお客様により魅力を感じていただける場になると思います」(前出、宮嶋氏)

■私たちが目指すのは、お客様に『最高の朝』をお届けすること

 「私たちが目指すのは、お客様に『最高の朝』を届けることで、新しい出会いが活力となりここに泊まってよかったと感じていただけるような空間です」と、ホテルインターゲート大阪 梅田の種村昌宏支配人は言う。

 眠りを追求したこだわりの寝具で上質なめざめを提供。毎朝ホテルの窯で焼き上げる焼きたてパンに加え、ごちそう野菜をふんだんに使った約50種類の朝食メニューがめざめの力を与える。「山芋ガレット お好み焼き風」や「大阪しろなとバラ鍋」といった、地元の食材や季節野菜で作る同ホテルのオリジナルメニューも楽しめる。

 宿泊客を迎え入れるホテルのシンボル「インターゲートラウンジ」では、朝6時からはスムージー、朝食後は地元の老舗珈琲店から厳選した地域のこだわりコーヒー、21時からはお茶漬けバイキングを無料で提供する「タイムスライドビュッフェ」が好評だ。

 宿泊客が、地域の価値を感じられるコンテンツも豊富。たとえば館内には、タウン誌などには載っていないスタッフお勧めのスポットを紹介する「トラベルマーク」が設置される予定。

 大阪の伝統芸能である上方落語で同ホテルを紹介するプロモーション動画も館内で配信。コロナ禍の動向も見据えながら、ラウンジで大阪伝統文化のコト体験も計画する。開業記念キャンペーンでは、上方落語によるプロモーション動画をYouTubeなどで配信したほか、Twitterでホテル名のハッシュタグをつけて大阪のお勧めをつぶやくと、抽選で大阪の名産品が当たる「“大阪のええとこ”キャンペーン」も実施した。

■地域の価値が向上すること、宿泊客のQOL(生活の質)の向上が、ステークホルダーに対する約束

 「『INTERGATE HOTELS』は当社のブランドステートメントである『地域の価値で、未来を変えていく。』を具現化するホテル」(グランビスタ ホテル&リゾート執行役員 事業統括部長・大坂大氏)

 ホテルの出店により、その地域の価値が向上することと、宿泊客のQOL(生活の質)の向上が、ステークホルダーに対する2つの約束だと大坂氏は言う。こうした考え方の下で、地域の価値と生活の質の向上につながる機能とサービスを追求。その中で生まれたのが、「最高の朝」を提供するホテル、というコンセプトだった。

 宿泊客をホテルに迎え入れるところから、「最高の朝」を提供するためのさまざまな仕掛けが用意されている。時間帯に応じてソフトドリンクやアルコール、夜食を提供するインターゲートラウンジもその1つ。地域の伝統文化に触れ、体験できる場作りも、宿泊客に上質の時間を提供するための試みだ。野菜豊富でおいしく健康的な朝食を出し、宿泊客を見送る時まで、「最高の朝」の演出は続く。

 地域の価値を発信する『価値体験型ホテル』というコンセプトを打ち出したのは「INTERGATE HOTELS」が初めてだ。ホテルインターゲート大阪 梅田は、地域とお客様とホテルキャストを表す3つのドアをかたどったブランド共通の「ホテルズロゴ」と大阪城をモチーフにした「ローカルロゴ」の2つを持っている。ホテルと地域の繋がりを大切に最高のおもてなしを提供していく。

ホテルインターゲート大阪 梅田

所在地:大阪市北区梅田2-5-2

電話番号:06-6344-8800

【詳しくはこちら】

グリッズプレミアムホテル大阪なんば

 「ホテルインターゲート大阪 梅田」に先立ち2021年3月12日にオープンした「グリッズプレミアムホテル大阪なんば」は大阪の中でも有数の繁華街であり、多くの観光客で賑わう人気のエリアである難波地区に位置し、Osaka Metro御堂筋線・千日前線・四つ橋線「なんば」駅徒歩1分、南海本線「なんば」駅徒歩 2分、JR「難波」駅へも徒歩5分でアクセスできる利便性が売りだ。

所在地:大阪市浪速区難波中1-7-7

電話番号:06-6641-5801

【詳しくはこちら】

(提供 株式会社サンケイビル)

Recommend

Ranking

アクセスランキング