話題・その他

東京五輪、日本選手団のワクチン接種開始 体調不良なし

 日本オリンピック委員会(JOC)は1日、東京五輪に参加する日本選手団への新型コロナウイルスワクチン接種を開始したと発表した。初日は東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)で選手団役員と6競技団体の計約200人が接種。各競技団体のチームドクターが打ち手を担った。副反応など体調不良の報告はなかったという。

 7月20日までに対象となる選手、関係者ら1600人への接種が終了する見通し。接種した選手からは「これで安心して練習ができる」という声があったという。

 自身も接種した日本選手団の福井烈(つよし)団長は「国民の皆さまへの接種体制とは別体制で進めている。(選手への)ワクチン接種は日本選手団、世界の選手団を守るだけでなく、日本社会の感染防止にもつながる」と話した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus