話題・その他

「ツタヤとは正反対」なぜアマゾンプライムは“新作無料、旧作有料”なのか (1/3ページ)

 アマゾンなどの動画配信サービスは「新作は無料、旧作は有料」というケースが多い。これはレンタルビデオ店の「新作は割高、旧作は割安」とは正反対だ。なぜこうなっているのか。「Screenless Media Lab.」による新連載「アフター・プラットフォーム」。第1回は「新作無料、旧作有料のビジネスモデル」--。(第1回)

 ■価格体系がひっくり返っている

 1980年代から90年代、ツタヤやゲオといったレンタルビデオ店に行くたびに、レンタル期間の設定が私たちを悩ませた。貸出期間で値段も変わるため、一泊や一週間、あるいは当日にレンタルして急いで作品をみたものだ。また新作は値段も高く、せいぜい一泊しか貸し出しができなかった。

 一方、コロナ禍の影響もあって、音楽や動画作品をオンラインで視聴するサービスが普及し、これまで比較的マイナーであった会員制(サブスクリプション)モデルが広く普及した。

 このサブスクリプションサービスの注目すべき点は、かつてのレンタル市場で当たり前だった「新作は割高、旧作は割安」という価格体系がひっくり返っていることにある。

 例えばアマゾンプライムの会員は、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の3作品が無料で見られる。ところが、1990年代に放映されたテレビ版のエヴァンゲリオンを見ようとすると、個別に追加費用を払って購入しなければならない。

 より分かりやすい例がWebコミックだ。Webコミックにおいては、最新の連載分だけが無料で見られ、過去の作品を見ようとすると、有料チャンネルへの登録や個別購入等、なんらかの形で対価を払わなければならないことが多い。

 ■逆転現象の理由は明示されていない

 かつてのレンタル市場で新作が割高、旧作が割安だったのは、「視聴者にとって価値の高いものは高く、価値の低いものは安く」という、市場原理に従って値付けがされていたからだ。とはいえ、コンテンツの市場価値そのものは、今も当時と大きく変わってはいないはず。では、なぜ市場価値が高いコンテンツが無料で、市場価値の低いものが有料なのか。このコンテンツの「価値と値付けの逆転現象」の理由は、実はあまり明示されていない。

 もちろん動画サブスクリプションサービスにも、ネットフリックスのように「契約したらすべて無料」というスタイルもあれば、プライムビデオやApple TVのように、有力なコンテンツは有料で販売し、そのほか会員のみが利用できる無料コンテンツを置くスタイルもある。しかしそのいずれも「新作が高くて旧作が安い」という、利用者からすると飲み込みやすい価格体系は採用していない。

 ■動画視聴の先駆けだった「Yahoo!」のサービス

 例えば2000年代初め、動画コンテンツの視聴サービスを最初に始めたプロバイダーの一つが「Yahoo!」だった。

 当時はサブスクリプションの登場前で、テレビの上に置くセットトップボックスという装置を使って、「1本いくら」というオンデマンド形式が採用された。もちろん、そこでも「新作が高くて旧作が安い」という設定は残っていた。

 ところがその後、Yahoo!のサービスは競合に押されて市場から消え、上述のような、これまでの常識を覆す価格体系がサブスクリプション市場を席巻していった。

 なぜ、ネットサービスではリアルと価格体系が逆転しているのか。おそらくそこには、リアル市場とは異なる、ネット特有の力学や価値観の変化があったはずだ。

 ■オンラインゲームは基本無料だが…

 ネット上のサブスクリプションモデルとして、もう一つ注目されるのが「オンラインゲーム」だ。

 周知の通り、オンラインゲームは現在、無課金でも遊べる「基本無料」のスタイルが主流だ。かつてはプレイが有料だった有名どころのPC用オンラインゲームも今は無料が増えており、スマホ用ゲームはほぼ全てが基本無料である。

 ただしゲームの場合、最初は無料でも段階が進むに従って、アイテムやレベルの有料購入を促される仕組みであり、ビジネスモデルとしては比較的分かりやすい「フリーミアム理論」に則っていると言える。

 「フリーミアム」とは米『Wired』元編集長のクリス・アンダーソンが、Web上で見られる特徴的なマーケティング手法の一つとして取り上げたものである(彼は同じく、大量の売れないニッチな商品の合計が、売れ筋商品の売り上げを超える現象である「ロングテール理論」を提唱したことでも知られている)。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus