話題・その他

チキン代替肉で米市場開拓 比の食品会社モンデ、世界王者狙い370億円投資

 フィリピンの食品会社モンデ・ニッシンは10億ドル(約1100億円)規模の新規株式公開(IPO)で集めた資金の一部を、傘下の英クォーン・フーズが米国で展開する代替肉事業の拡大に充てる方針だ。米国は世界最大の代替肉市場。

 主食や即席麺などを手掛けるモンデ・ニッシンはクォーンの鶏肉代替製品を活用し、牛肉の代替品が中心のフェイクミート業界でビヨンド・ミートやインポッシブル・フーズなどの大手に対抗する方針だと、幹部がインタビューで明らかにした。

 クォーンのマルコ・ベルタッカ最高経営責任者(CEO)はモンデの1日のフィリピン市場上場に先立つインタビューで「われわれの目標は鶏肉の代替品で世界の王者になることだ」と語った。

 モンデは米国での存在感を高めるため約160億ペソ(約370億円)を投じて、クォーンの生産能力を拡大し、出荷先の米ファストフードチェーンを増やす計画。またクォーンの本社がある英国に包装作業を行う施設などを建設する。バークレイズの試算によると、世界の代替肉市場は2029年までに10倍の1400億ドル超と、食肉業界全体の1割相当に達する見通し。(ブルームバーグ Claire Jiao、Vinicy Chan)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus