IT

Apple、macOSの新バージョンは「Monterey(モントレー)」 2021年秋にリリース (1/2ページ)

 Appleは6月7日(米国太平洋時間)、Mac向け新OS「macOS Monterey(モントレー)」を発表した。開発者向けには同日から、一般向けには7月からβ(ベータ)テストを開始し、2021年秋に無料更新プログラムとして製品版が配信される予定だ。

 Montereyの概要

 macOS Montereyは、Mac OS X登場以来の大規模アップデートだった「macOS Big Sur」と比べると、使い勝手の向上に注力したアップデートとなる。とりわけ、iPadやiPhoneなど、他のApple製デバイスとの連携機能にはより磨きをかけている。

 以下に、同OSにおける主な新機能や機能強化点を紹介する。

 FaceTimeの機能強化

 ビデオ通話機能「FaceTime」では、「Apple TV+」「Apple Music」で再生しているコンテンツや、デスクトップに表示しているアプリを他のAppleデバイスユーザーと共有しながら通話する「SharePlay」機能が追加された。離れた場所でも、同じ映画や音楽などを楽しみながら会話できるようになる。

 また、Windows PCやAndroid端末とのビデオ通話も実現した。ただし、これらのデバイスではWebブラウザを介して利用することになる(Google ChromeまたはMicrosoft Edgeを推奨)。

 Universal Controlの実装(一部機種のみ対応)

 macOS Montereyでは、Macのキーボードやトラックパッド/マウスを別のMacやiPadで利用できる「Universal Control」という機能が追加される。特別なセットアップは不要で、ペアリングしたいMacやiPadをそばに置くとすぐに使えるようになるという。

 この機能では、デバイス間でドラッグアンドドロップをすることでデータを共有(コピー)することも可能だ。例えば、iPadで描いた絵をMacの「Keynote」アプリのプレゼンシート作成画面にドラッグすれば、その絵をシートにコピーできる。

 AirPlayの「再生先」となる機能の追加(一部機種のみ対応)

 macOS Montereyを搭載するMacは、AirPlayの「再生先」として利用できるようになる。例えば、iPhoneやiPadで再生している動画や音楽をMacで楽しみたい場合は、AirPlayの再生先にMacを選べばよい。

 「ショートカット」の実装

 macOS Montereyでは、iOSやiPadではおなじみの「ショートカット(Shortcuts)」が実装される。ショートカットをうまく使えば、定型の作業をワンクリックでバッチ処理したり、特定の条件下でそれを自動実行したりできるようになる。

 SafariのUI変更

 macOS Catalinaで「登場以来最大のアップデート」が行われたWebブラウザ「Safari」にも、さらなるアップデートが行われる。

 一番分かりやすい点では、タブブラウジングのユーザーインタフェース(UI)をコンパクト化し、表示中のWebサイトに合わせてウィンドウのカラーを変更する機能が追加された。さらに、ウィンドウに表示されるボタンを「その他」メニューにまとめることで見た目のシンプル化を進めている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus