サービス

ビール類販売、5月は3社減少

 ビール大手4社が10日発表した発泡酒や第3のビールを含むビール類の5月の販売実績は、サッポロビールを除く3社が前年同月比で減少した。新型コロナウイルスの緊急事態宣言に伴う飲食店の休業や酒類提供の休止が主因。昨年10月の酒税法改正で増税となった第3のビールの不振も響いた。ビール類の販売数量はサッポロが前年並み、キリンビールが7%減、サントリービールが26%減、アサヒビールは売上金額ベースで10%減となった。各社推計によるとコロナ以前の2019年5月と比べた場合、市場全体は約2割減で厳しい状況が続いている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus